2015年11月29日日曜日

言葉の死とコミュニケーションが生まれるとき

言葉=コミュニケーションでもないと思うのですが、言葉と仕事というべきか、仕事とコミュニケーションともいうべきか・・・。最近、気になる自分自身の課題ですね。たとえば、同じ方向性を持てなく持った者同士がコミュニケーションをとろうとしても、埋められない言葉の壁を感じるようになり、言葉そのものが本来の役割以上の意味を持たなくなる、つまり言葉の死というものを感じました。

どうしてこの相手との会話は自分の言霊がスムーズに出てこないのか。日が浅いというよりも、繋がりが薄いと感じる仕事関係者との間でのことですが、その相手との会話の状況をよく思い返して見ると、相手が結論ありきで会話のストーリーを進めていることに気づきました。つまりその相手にとって持っていきたい結論、会話の落とし所があるということですね。あるいは何か思い込みがある時とか・・・。その相手の思考を敏感に感じとってしまう自分がいて、素直に言葉がでなくなる、自分の言葉で話せなくなるんです。

それとは真逆に、ああ、なんと心地よく会話が進められる相手だろうか、と感じることもあります。人間には波長というものがあって、大抵のことはこの波長があう人との会話や、何か共通の体験ともいえるものがあってシンパシーを感じる部分があれば心地よいと感じるのではないでしょうか。だから滑らかに思考し、言葉がスムーズにでる。人間としての共感力もあると思いますが、私が最近体験した会話のスムーズなパターンは、お互いの苦労を想像し思いやれるような境遇を体験したときです。

どういったケースであれ、縁あって相対する相手を理解したい、仲良くなりたいと常々、思っている私ではありますが、それでもストーリーありきの計算づくめの相手との会話には自身の思考が停止してしまうような強い違和感が生まれます。こればっかりは仕方のないことなのかもしれなませんが、皆んなが仲良しこよしのお友達やおめでたい人ばかりではないし。けれど、そうなってくるとこの世の中、自分が相手に乗せられて騙されないようにしなくてはならないと窮屈に身構えた状況で、常に損得で会話を考えなくてはいけなくなってしまいます。

無論、言葉を司るライターを生業としている者としては、相手に屈しないぞ、という思いが本音であり、相手にコントロールされないように自分の頭と心を満足させられる会話の技術を磨いておきたいものだと思います。やや頑固ですけどね・・・^^。

自分の思いを正しく言語に乗せて、心と頭を一体化させること。そんなやりとりの先には、心地よい人間関係と目標の達成に向かわせるものがあると思います。

事を有利に進めたいがゆえに言葉を使う、会話を誘導することは、人間社会においては生きていく上で必要なことのかもしれませんが、残された貴重な人生、できるだけ言葉を飾らずに、素直な言葉を使って人との関係性を深めていきたいと願っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿