2012年5月6日日曜日

民主党政権にみる天変地異からの脱出を!

夜、自宅に戻り、テレビをつけてみると竜巻が発生のため、茨城で30棟もの家屋が倒壊になったこと、死傷者が50名も出たことが分かりました。

日本で被害が出る程の竜巻が起きるのは珍しいことと思います。
しかも関東圏だけではなく、わたしの実家のある四国・徳島でも1センチ周囲程の雹(氷の塊)が降ったそうです。「全国区で」ということになります。

先の雹(氷)を見た直後に書いたブログと重なる内容にはなりますが、やはりこの問題、私は無関心でいることが出来ません。

なぜなら、神々というのは気候を自由に操ることが出来る存在であると伺っているのです。中東のアラーやジーザス、日本神道の神々も。その御技を天候を操ることでもって神の威光(神の意志)というものを地上のものを伝えてこられたのです。

であるならば、私たちはもっと神の意志、神の望まれる光の方向に気づかなくてはならないのではいでしょうか。天変地異は明らかに天意のはずです。時は、東日本大震災の翌年、左翼政権とそれを支持する環境左派の人々によって全原発が停止された翌日に起きた出来事。

国体が誤った方向にあるのなら、善人の上にも悪人の上にも等しく、天変地異という形でその御意向を、お姿をお現しになるのではないでしょうか。

この状況が続けば原発停止の挙げ句、今夏は猛暑で生命を断つ方も現れるでしょう。また、人命はもちろんのこと、日本の中小企業をはじめとする企業への打撃は言うまでもありません。また世界で最も高い技術と、世界が認めた日本の原子力技術を継承することができず、第三国などの海外へ輸出することが出来なければ日本の経済的損失のみならず、海外の人々にとっても電気を供給する、という貢献を出来ずに終わってしまうかもしれないのです。

代替エネルギーへの移行はまだまだ諸手を挙げて喜べる程、簡単なことではありません。また、日本の原発が停止する一報で、万が一、北朝鮮が核開発がうまく行って日本に弾道ミサイルを打ちこんで来る、というようなことでもあれば、原発さえ稼働していれば日本は、報復、いや先制攻撃(どちらも穏やかではありませんね)、抑止力としての核を開発することさえできたのです。

しかし、その道は断たれたことを日本は発信したことで,世界の見る目はどう変わるか分かりません。まさしく猛獣の中に解き放たれたウサギか鹿のようなそんざに見えるのではないでしょうか?(なぜならアメリカも中国との協調路線を重視しており、アジア地域からその防衛戦力をひいていっていますよね?)

そんなアジアの状況の中、日本は自主防衛こそが自らを安全にこの国家を運営していく道なのです。

まさしくその矢先のことです。

よくよく、国家運営の責任者として民主党政権には考えて頂きたいと思います。
次々に原発を停止し、国体を弱体化させているという罪を、この国の守り神である神々はどうみているのか。神の警告として今日のことは受けとめよう、この小さな海洋国家に、左派政権を誕生させた国民の悲劇は自ら受けとめ、この状況を打破するその一歩を今日も明日も刻んでいかなくてはならない。

その思いを多くの方々と共有していきたく思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿