2014年2月24日月曜日

真央ちゃんのオリンピックが終わった!

ああ、もうもうほんとにドラマチックだったソチオリンピック。

メダルに届いた選手もメダルには届かないまでも熱いドラマを届けてくれた選手たちに感謝したい。
一人ひとりのことをほめたたえたい気持ちでいっぱいだけど、やはり人間としてその真価をみせてくれたのは(個人的にはですが)、大好きなフィギュアの浅田真央選手だ。私は彼女がシニアデビューしたときからの大ファンだった(いたいけな彼女のお母さんになってあげたいという気持ちになることもあるほどだ)。

 


ソチに向けてJALの特別機やバスなどに特大で描かれた真央ちゃん。マスコミはもちろんのこと、政府関係機関に、フィギュア連盟、スポンサーなど、ありとあらゆるところからの”期待という名のプレッシャー”が浅田選手の細い肩にかかっていたことだろう。


加えてロシアという開催国。テレビで観ていても独特の聴衆の雰囲気に圧倒されるほどだった。
とりわけアジア人によるフィギュアに対しては厳しい目があるなか、完全アウェーで戦いぬくのはどれほどの怖さだったことだろう。

 


決して心地よいとは思えない集合想念のなかで戦ったせいか、これまでミスなく滑れていた日本人選手たちがことごとくミスを連発した。ショートでは羽入選手がノーミスで過去最高得点を、フリーでは浅田選手のみが(厳しいジャッジだったため成功とはみなされなかったジャンプもあるが)自己ベストの演技をやってのけた。
 


「なぜ、ここで?」というタイミングでミスを繰り返した日本人選手たち。
きっと心優しく繊細な選手たちは、自分たちにかかるプレッシャーに加え、あのソチの空気にのまれてしまったのだろう。

そんな中、自身でもこの4年間目標としてきた金メダルに遠く及ばなないまでも、たった翌日1日で、あの完璧ともいえるフリーを滑りきり、日本国中をいや、世界に感動を呼んだ浅田選手には本当に頭が下がる思いだ。

聞けば海外の一流アスリートをはじめ、浅田選手と関わったスタッフ関係者は皆彼女の虜になってしまうという。言葉を超えてその生き様で、誠意あふれる自分と向き合う姿勢に、われわれの心は揺さぶられずにはいられないのだろう。

もちろんほかの日本のアスリートたちも、10代で金メダルを取った選手たちもみな素晴らしかったが、いつの間にかわれわれ日本人は、「これぞ真のサムライ」と呼ばれるような素晴らしい女性を、宝物を授かっていたのだ。


本当に今回のオリンピックはメダルではない、メダルが取れなかったからこそ、意味のある何か、目にはみえないストーリーに気づかさせてくれたようにも思う。

フリーの演技を滑りきった後の浅田選手の涙は、今年一番の全国民レベルで「共感」という言葉を味わせてくれた瞬間ではなかっただろうか。

今後も浅田選手の幸運を祈りながら、こういうオリンピック選手たちと同時代に生まれ、その生き様を垣間見ることができたことに感謝したい。

これでソチオリンピックは終わっていくけれど、日本の快進撃はこれからなのだと信じたい。
そして自分自身の人生も本番はこれからだと・・・。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿