2009年8月28日金曜日

真実が勝利しますように☆

いよいよ決戦のときが来た。

明日一日でこの嵐のような衆議院選挙戦が終わる。
マスコミの国政選挙に対する報道が手薄な中、また、公職選挙法で既存の政党のみが利している今日。新たな戦いを挑み、静かに浸透し始めた新たな政党が命運をかけてその審判を仰ぐ日にもなる。

結果は神のみぞ知る。いや、神だとて人間の気ままな心根に最後までわからないと嘆いておられるかもしれない。

ただ私が願うのは、真実、国民の幸福を願う政治家に勝利していただきたいということだ。己の利害など一切関係なく、党利党略などに一切関わることなく、愚直に政治理念を訴える、心のきれいな政治家にこの世を託したいということだ。


左翼に長く親しまれている皆さん、戦後の日本が核を配備せず今日まで平和に暮らして来れたことを、今だに憲法9条を頑なに護憲で得られたと刷り込まされている人がいたとしたなら、私はあなた方に言いたい。あなたは、日本を愛していますか?日本の未来を考えていますか?日本の未来を真に繁栄させたいと願っていますか? 日本国民の生命はどうですか? 本気で大切な人を守りたいと、思っていますか?


敗戦国日本が、アメリカの覇権によってにわかに(2週間)編み出された憲法を掲げたところで、日本人にとって有利なものではないのは当然のことだ。

さらに60数年たった今、世界のパワーバランスは変化し、憲法の根幹に関わる安全保障問題は、現実に即さなくなってきている。いくら甘えてみてもアメリカの核にも限界があるのだ。

超大国アメリカが国家の危機にある時、日本は成熟した大人の国に変貌しなくてはならない。

それは、世界基準に即した法体制であり、自国の軍隊といえる組織を堂々と有すること。そして憲法9条を始めとする日本を利さない憲法はただちに改正することだ。今からでも遅くない、日本人には主権国家としてその権利を有しているのだから。時代に応じて憲法は改正していけるのだ。

真実日本人は目覚めて、過去の敗北の痛手から自由にならなくてはならない。

うかうかとここで居眠りをしているわけにはいかないのだ。


日本人は、世界の在り方を素直に見て、日本はどうあるべきか、どう進んでいくべきかを、今、ここでじっくりと未来ビジョンを描き、構築していくときに来ている。

この選挙の結果次第でそれが付き従える方向か、それとも日本の経済不況を長引かせ、国防の不安を抱えたまま無策な国家運営者に身を委ねることになるのか。大きな日本の未来に関わる問題だ。


決して、北朝鮮の核ミサイルの脅しや、罪のない人を長い悲しみの淵に落とし込んだ拉致問題で、日本人を一人たりとも危機にさらすことはすべきではない。日本は、あるべき大人の国家の状態を作りださなくてはならない。

それが長引く北朝鮮拉致問題に対する解決の答えであり、北朝鮮の核ミサイルに屈しないということであるからだ。その毅然たる姿は、世界の覇権をもくろむ共産主義国家・中国に対する唯一の抑止力であるからだ。

これだけはいえる。民主党政権は決して日本国民を幸せにはしない、ということだ。左翼政権に擦り寄り、日教組の狂乱に片棒を担ぐ政党など、その存在さえ許されないと私は思う。

たとえ、今回政権をとったところで短命に終わるのは日を見るより明らかだが、日本を危険に導くこの政権にだけは、魂を譲り渡してはいけない。

左翼の手先となって国家主権を譲り渡すかのごとく行動する、日本人の魂と生命を危うくする小沢・鳩山民主政権などに決して政権を譲り渡してなどならないことだ。

日本のために、日本に生まれたきた1億3千万の魂のために。

どうか正しい政策を掲げる政党が、真実が勝利いたしますように。

真っ正直に国民本位の政治理念を掲げる政党が、政治家が、大勝利を遂げますように。

ここに日本の新時代を築いていこう!



0 件のコメント:

コメントを投稿