2010年4月25日日曜日

あの世からのメッセンジャー チャーチルの霊言

どこまで種明かしをしてよいのか私には分からない。

しかし私は今日、この話を聞いて俄然、心に火が点いた。

それはこの国の未来を憂える偉大なる宗教家、幸福の科学大川隆法総裁による「政治家の霊言」(金丸信、大久保利通、チャーチル)を聞いたからである。

まさしく氏は巨大な霊能力を持つ予言者であり、人類のワールドティーチャーである。

その証明が霊言という形で数多くなされている。そして今日も…。

約10日前に幸福の科学総合本部で収録された「政治家の霊言」を後日拝聴した。その内容を鑑みて全国の支部信者、政党関係者などに幅広く拝聴(視聴)を呼びかけられたものだった。

この霊言の趣旨としては、何か新しい角度から現在進行形の政治に対してアドバイス出来る霊人を呼び出す、というものだった。

政治家の霊言最後の1人がかつてヒトラーの正体を見抜き、第2次世界大戦を勝利に導いた英雄、ウィンストン・チャーチルであった。

信じようか信じまいがそれは人の勝手だが、その内容は、肝心要の国防問題、現在の米中関係にあって日本のあるべき姿、その未来に言及し、大変センセーショナルなものだった。

私の心に刺さった霊言のメッセージに「やがて姿を現す中国ナンバー2の存在」という言葉がある。まだ、表面には出てきていないものの、ヒットラーに匹敵する独裁者が次の世代の権力者として待っているのだという。

米中でこの世界を二分する同盟関係を結ぶ可能性はもちろんあるが、それ以降については、ベトナムに続きイラク、アフガンとの戦争で痛手を負ったアメリカが衰退していくのを待って世界の覇権を握ろうとしているのが中国の正体なのだという。

さてそのとき、日本はどうなるか。かつての侵略に恨みのある国ニッポン、いつ盛り返してくるかわからない経済大国ニッポンに対して、中国は徹底的に叩こうとしてくるだろうとチャーチルの霊は警鐘をならす。

日本のみならず、日本の独裁国家による支配は、世界にとっても大きな試練が訪れることを意味しているのだ。そしてこのことを預言できるのは、あの世の高級霊と通じる大川総裁の霊言以外にはない。

未来を神通力で見渡したならば、台湾から、沖縄、そして日本全土へ、中国の侵略はそう遠くない未来に起きることをチャーチルは預言する。

信じるも信じないも読者の自由だ。

しかし、中国の軍事的台頭の前に、新しい政治が成し遂げなくてはならないことは、マッカーサーによって創られた日本国憲法の刷新である。軍事・防衛の自由である。

日本を敗戦のくびきから解放し、信なる世界のリーダーとして責任を果たすためには、このシナリオを自ら選びとらなくてはならない。それ以外に中国という最大の一党独裁国家を隣人に迎え撃つ手段はないのだ。

何もなさず民主党政治が長引けば、間違いなく日本の弱体化が進み中国による日本の支配、従属化という悲惨な未来が待ち受けていることだとう。

次なる参院選、総選挙は心して幸福実現党は戦い抜かなくてはならない。そして心ある保守政党はなんとしても民主政権打破に寄与し、新たな国づくりをはじめていかなくてはなるまい。

この国に生まれたことを誇りに、自分に出来る精一杯のことを天命を信じて行動していきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿