2012年4月29日日曜日

中国人権問題と世界のバランス

中国の強制妊娠中絶や人権侵害について広く世界に訴えていた人権活動家、陳光誠氏。救出されるも支援者の女性活動家が中国当局に拘束される。米中間で陳氏の扱いについては交渉中とされるも米国も人権侵害問題について経済バランス、軍事バランスの問題から一歩抜きん出て中国をリードすることが難しくなっているのが現状だろう。この状況は、対日本と中国のバランスにおいても言える。女性活動家は、日本政府に支援の生命を求めているが、日本政府は動いている様子はない。日本がいつこの問題に対してリーダーシップを取れるようになるのか?現政権では難しい。次期政権は、真正保守であり、他国の人権侵害状況に対してきちんとメッセージを発することのできる国家であってほしい。      http://jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012042800203

0 件のコメント:

コメントを投稿