2010年5月24日月曜日

ネット投票選挙が待ち遠しいこの頃

どうも民主党政権が長引きしそうだ。

なぜなら鳩山首相はじめ、小沢幹事長、赤松農林大臣など、何が起きても自分の非を認めず、反省する、という事を知らないからだ。

反省の以前に、自分の言葉や立場に責任を持つ、という人間としての基本的な在り方を持ち合わせていないからだ。「責任のとり方はいろいろあると思う」、とか野党時代に自民党を追い込んだ人たちの言葉とは思えない。野党生活が長かったせいか、政権を渡したくない念い一筋なのか、どこまで責任を取らないで済むのか国民と我慢比べでもしているようだ。

しかしそんな我慢比べにつきあっている場合ではないのは良識ある人なら気づいていることだろう。

当然、混乱を極めている沖縄普天間基地問題、外交問題が最たるものだ。

これまで「コンクリートより人」などとして、景気刺激対策を疎かにしておきながら、バラマキだけをやりたがるなど、言語道断の数々を繰り拡げている現政権だ。それでも今この時期において8ヶ月間も沖縄県民やアメリカを振り回した挙げ句に、「辺野古案に戻ってきました」という(しかも地元に了解を得られていないままだ)この結果を作り出したことは、内閣総辞職を持って償うほかない事案ではないのか。

それがなぜマスコミは追い込めない。たたき出せない。

国民支持率20%を切るところまでいっておきながら、マスコミの体たらくといったらないだろう。国民を愚弄する政権を誕生させたのは現代の第三権力マスコミだ。日本のマスコミが持ち上げて出来た政権に他ならない。人気が落ち目の自民と、民主との一騎打ちの構図に仕立ててみせて、日本の政権交代「チェンジ」を見事成し遂げてみせた。

これまで自民党の政治と金の問題に嫌気がさしていた国民や、バブル崩壊以降、これといった基幹産業も打ち出せない、本来の保守本流の気概を失った自民政権にノーを叩き付ける形で自動的に対抗馬の民主党が過半数を制したワケだが、マスコミがあれだけ「チェンジ」を騒ぎ立てなければ民主党の一人勝ちは避けられたはずだ。公正に報道さえしていればだ。


マスコミの情報統制が行われているのではないかと昨今、ネットユーザーの間でも宮崎県の口蹄疫問題にも触れられるように、「どうもマスコミには最初から結論ありきで動いているようだ」ということは、ネットユーザーを中心とした知識層に広く広がり見識になってきている。

今後、ネットによる投票選挙が解禁になれば、今よりは少しでも正しい国政選挙が行われるのではないかと期待するものでもある。

この参院選においては、民主党自身が最近になって反対しているようだが、第三権力のマスゴミをものともしないネトウヨとも揶揄される人々が現政権を認知していないという事実を察知してのことか…。

いずれにしろ、60年、70年安保闘争に明け暮れた人々がトップに立つマスゴミによって「作られた政権与党民主」は、いくら居座ったところで、国民の正しい見識に寄ってその正体は暴かれるところとなり、そう遠くない未来においては必ずや破れることだろう。

その時期は早ければ早い程良い。
国民の被害が少なくて済むからだ。特にこの政権与党によって繰り広げられた外国のしっぺ返しは、何より国民全体でその付けを支払わされることになるからだ。

その時になってはもう誰も1,500万円の小遣い手当を出して補填してくれる人はいないのだという事実に気づかされることになるのだ。

鳩山はそのときになっても責任を取ることはないだろうが…。

0 件のコメント:

コメントを投稿